ドレスセレクトのポイント!イメージに合わせて選ぼう

ロイヤルな花嫁姿に!

大聖堂やチャペル、天井が高いなど、スケール感のある空間を持つ式場でのウエディングを希望している人やロイヤル婚にあこがれを持っている人、できれば腕や胸まわりなどは隠しておきたいという人は、王道タイプのドレスを選んでいくといいでしょう。上品に見せてくれるドレスのシルエットに、袖や裾などで覆う肌を見せすぎないデザインがポイントになります。また、ミカドシルクやレースなどの素材の美しさは、必須条件です。トレンドに左右されず、時代を超えても違和感のない、品格があるミニマルデザインをセレクトしていきましょう。往年の王妃を思わせるようなボリュームスリーブもかわいらしいですよ。

王道に今どき感をプラス

花嫁らしいかわいさを残しつつ、海外デザイナーの最新トレンドも取り入れたい時には、レースなどの王道の素材も、おしゃれなものをセレクトしていきましょう。軽やかな素材やユニークなディテールでありながら、花嫁らしい品の良さがほどよくあるドレススタイルを目指していきます。王道ロイヤルのスタイルに、おしゃれな抜け感をプラスするためには、軽やかさがあるビッグシルエットを選ぶのもポイントの一つです。そんな今どきのロマンティックドレスは、華麗なディテールが光るホルターネックスタイルが、新鮮に映るでしょう。繊細なディテール使いと最新トレンド、現代のエレガントスタイルを目指していきます。ドレスショップのスタイリストやプランナーなどと相談しながら、より良いものを選んでいきましょう。

ブライダル業界の中でも珍しい完全後払いシステムを採用している大阪の結婚式場があり、魔法のウェディングプランとして人気があります。